ゲーム・e-sports・AI・テクノロジー業界で活躍できるプロを育成するための専門学校

マンガ・小説・
イラスト・ アニメ
の仕事

アニメーター

Animator

アニメーターとは?

アニメーション作品は複数の静止画像をつなぎ合わせることによって出来ています。アニメーターは、アニメーション制作行程の中で、作品を構成する1つ1つの絵を描く「作画」を担当しています。脚本や絵コンテをもとにキャラクターや背景に動きを加え、絵に躍動感を生む大切な役割です。

平均年収

408.6 万円

※厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」より

仕事内容

「作画」とは、「原画」を描く仕事と「動画」を描く仕事に分けられます。

アニメーターの担当する
「原画」と「動画」について

原画

アニメーションの中でポイントとなる最初と最後の絵。絵コンテや監督・演出家との打ち合わせをもとに、キャラクターの配置や背景を描いていきます。

動画

「原画」と「原画」をつなぐことによって、動きを与える絵。キャラクターの感情の変化や動き、また映像のなめらかさはこの「動画」によって左右されます。

多くアニメーターは「動画」制作から経験を積み、「原画」制作へとステップアップしていきます。「原画」制作で実力をつければ、絵のクオリティを管理する「作画監督」への道も開けていきます。

どうやってなるの?

アニメーターになるためには、まず「画力」があることが重要です。今、アニメーション業界は、紙に鉛筆で絵を描く「アナログ作画」から、液晶ペンタブレットに絵を描く「デジタル作画」にシフトしてきています。よって、「アナログ」「デジタル」両方に対応することのできる「画力」が必要となってきます。
また近年では、CGやコンピューターを活用したアニメーション制作技法も普及しているので、このようなデジタルツールに関する技術を学べる専門学校を選ぶこともアニメーターへの近道になるでしょう。専門学校では、より体系的な学びを通し、実践的なスキルを身につけることによって、アニメ制作会社やプロダクションへの就職を目指します。

求められる能力

  • 様々な構図からキャラクターや動物・背景を描くことのできる高い画力
  • 能率よくスピード感をもって多くの枚数の絵を描くことのできる集中力や根気強さ
  • チームワークを発揮することのできるコミュニケーションスキル

必要な資格・試験情報

アニメーターになるために必ず必要になる資格や試験は特にありません。アニメーターとして最も求められる「画力」は資格や試験では測り切れないからです。そのため、自身の画力をアピールできるよう、人や動物のキャラクター、ものや食べ物、風景などの絵をポートフォリオとして制作しておくことを推奨しています。

アニメーター
を目指せる専攻

3年制クリエイティブデザイン科

アニメーションコース

最新のアニメーション制作技術とハイクオリティな画力を身につけ、日本、そして世界中のアニメ・動画制作会社で仕事ができるクリエーターを目指します。

詳細を見る

おすすめイベント

イベントをもっと見る

最新テクノロジーの仕事

仕事図鑑一覧へ