ゲーム・e-sports・AI・テクノロジー業界で活躍できるプロを育成するための専門学校

マンガ・小説・
イラスト・ アニメ
の仕事

イラストレーター
キャラクターデザイナー

Illustrator
Character designer

イラストレーター・キャラクターデザイナーとは?

イラストレーターとは、雑誌やポスター・WEBサイトなど多岐にわたる場面で必要となる「イラスト」を描く人の事です。キャラクターデザイナーとは、ゲームやアニメなどのキャラクターをデザインする人の事です。
基本的に、クライアントから依頼を受け、要望に応じてイラストを描いたり、キャラクターのデザインをしたりします。

平均年収

509.1 万円

※厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査
イラストレーター」より

仕事内容

イラストレーターのもとに届く、クライアントからの依頼内容は、幅広く多岐にわたります。例えば、雑誌や小説の挿絵・ポスターや商品パッケージに使用するイラスト・医学書の図解や情報誌に使われるイラストマップなどです。
また、キャラクターデザイナーの仕事も、ゲームやアニメのキャラクターデザインだけでなく、地方自治体やマスコットキャラクターや、企業のPRキャラクターの制作など様々です。 よって、多くの業界でのニーズにこたえることができる画力・想像力が必要となります。

仕事の流れ

① 打ち合わせ

クライアントの求めている要望を聞き、完成イメージのすり合わせを行います。

② ラフデザイン制作

作品のもととなる「ラフデザイン」を制作します。クライアントの確認をはさみながら修正を重ね、完成に近づけていく作業です。キャラクターデザインの場合、ポーズや表情を変えた複数のイラストを描いていきます。

③ デザインの清書

清書して線画を完成させます。その後、素材や色などの詳細を選定し、影や光などを書き入れたイラストをクライアントに提出します。

どうやってなるの?

どちらも、ゲーム会社やアニメ制作会社、デザイン会社やイラスト制作会社など、企業所属のイラストレーター・キャラクターデザイナーとして経験を積んだ後、フリーランスとして活躍していく流れが一般的です。多くは美術系の大学や専門学校で、画力はもちろん、表現方法の多様さ、色彩の感覚を学びながら、イラストレーター・キャラクターデザイナーとして働くことのできる企業への就職を目指していきます。 一方で、近年では、SNSなどネット上で作品を発表する人が増えてきました。そこで注目を集めることができれば、企業に属さずフリーランスとして活躍することも可能ですが、どちらにせよ注目を集めるほどの画力やデザイン力・発想力が必須になります。

求められる能力

  • ゼロから作品を作り上げるために必要な豊かな発想力や独創性
  • クライアントの要望に応えられるほどのデッサン力・画力
  • 液晶タブレットや、illustrator、Photoshopなどのデザインソフトを操れるデジタルスキル

必要な資格・試験情報

特別求められる資格や試験はありませんが、アナログで絵を描けるというだけでなく、デジタルスキルを身につけておくことが必要です。専門学校では独学で学ぶことの難しいillustrator、Photoshopなどのデザインソフトの専門的な知識・スキルを身につけることができます。

イラストレーター・
キャラクターデザイナー
を目指せる専攻

3年制クリエイティブデザイン科

イラスト&キャラクターデザインコース

マンガ・アニメ的手法のイラストをデジタルを中心に、時にはアナログ技術を用いて表現力を高めながら、自分らしさを活かしたキャラクターをデザインできる力を身につけます。

詳細を見る

おすすめイベント

イベントをもっと見る

マンガ・小説・イラスト・ アニメの仕事

仕事図鑑一覧へ