ゲーム・e-sports・AI・テクノロジー業界で活躍できるプロを育成するための専門学校

ゲームの仕事

CGクリエーター

CG creator

CGクリエーターとは?

専用ソフトを使ってCG(コンピューターグラフィック)を制作する職種のことを、総称してCGクリエーターと言います。 主に、ゲーム、映画やアニメ、映像作品の制作に携わります。 また近年では、科学の分野やVR/ARにおいても、CGが活用されるようになり、ますます活躍の場を広げています。

平均年収

460.9 万円

※厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査
CG制作」より

仕事内容

CG作品においては、チームで様々な役割を分担し、制作を進めています。

【 CGクリエーターの代表的なポジション(一部) 】

  • モデラ― : デザイン画をもとに物体の形状そのものを組み立て、CGモデルを生み出します。
  • アニメーター : 生み出された立体物にアニメーション設定を加え、動かします。
  • エフェクトアーティスト(エフェクター) : 映像に、煙や炎などの特殊効果を加えます。

役割によって、必要なスキルは異なります。 しかし、CGクリエーターとして、どの役割でも活躍できるよう、Illustrator,Photoshopなど2次元CGの専用ソフトや、Mayaなど3次元CGの専用ソフトを操るスキル、そして、カメラワークなど映像制作に関する基本知識、観察力やデッサン力も身につけておくと良いでしょう。

CGクリエーターの活躍する業界

ゲーム業界

ゲーム内のキャラクターの動きや、背景のグラフィックを作り上げます。

映画/アニメ業界

現実では不可解な表現・キャラクター・世界観をCGで作り上げています。

映像業界

テレビCMやプロモーションビデオなどの映像作品の制作にも、CG技術は多く使われています。

どうやってなるの?

CG制作に必要なスキルを身につけることのできる学校で、現役CGクリエーター講師による指導を受けながら、実践経験を積んでいくことが必要です。在学中からポートフォリオとして作品を制作することで、自身のスキルやテクニックをアピールし、卒業後は映像制作会社やゲーム会社、アニメ制作会社での活躍を目指します。

求められる能力

  • 物の形を正確に把握するデッサン力
  • CG制作でよく使用されるソフトウェアの操作スキル、知識
  • チームでの仕事を円滑に進めることのできるコミュニケーション能力
  • 海外製であるCGツールを理解することのできる英語力

必要な資格・試験情報

CGクリエーターになるために必ず必要となる資格や試験はありません。 しかし、デザインの基礎やモデリング、映像制作の知識などを問われる「CGクリエイター検定」を取得すると、自身のスキルの証明につながり、就職活動の際にアピールすることができるでしょう。他にも、「色彩検定」では、CGデザインに重要になる配色や色彩感覚についての理解を深めることができます。

CGクリエーター
を目指せる専攻

3年制クリエイティブデザイン科

CGクリエーターコース

動画・ゲーム・アニメ・映画など様々なメディア、エンターテイメントで必要不可欠なコンピュータグラフィック。 人に感動を与えることができるハイクオリティCGを制作できるクリエーターを育成します。

詳細を見る

おすすめイベント

イベントをもっと見る

ゲームの仕事

仕事図鑑一覧へ